未分類

【悲報】平均年収186万円の「下層階級」が増加。なんと約15%が該当

平均年収がわずか186万円の「下層階級」が激増しており、すでに就業人口の15%にも達しているという。

いま日本の社会は、大きな転換点を迎えている。格差拡大が進むとともに、巨大な下層階級が姿を現わしたからである。その数はおよそ930万人で、就業人口の約15%を占め、急速に拡大しつつある。それは、次のような人々である。

平均年収はわずか186万円で、貧困率は38・7%と高く、とくに女性では、貧困率がほぼ5割に達している。

貧困と隣り合わせだけに、結婚して家族を形成することが難しい。男性では実に66・4%までが未婚で、配偶者がいるのはわずか25・7%である。女性では43・9%までが離死別を経験していて、このことが貧困の原因になっている。生活に満足している人の比率も、また自分を幸せだと考える人の比率も、きわだって低い。

健康状態にも問題がある。4人に1人は健康状態がよくないと自覚している…
続きはソース元で
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53945


続きを読む

-未分類


Easy Trade FX【イージー・トレードFX(イートレFX)】